コラム

column24-image1

セルフブランディングの時代が来た!

  AI(人工知能)の進歩により、私たち人間が普段こなしている定型的業務だけでなく、高度なスキルを必要とする業務も代替されてしまうと言われています。 これからの時代、「どのようなスキルを身につけたら生き残れるの […]
コメントなし
column23-image1

記憶力の良い人・悪い人

  恐縮ですが、個人的な話から始めます。   私がランチをとるのは平日も週末も、殆ど外食です。 毎日できるだけバリエーションを求めていますので、同じ店やメニューが続くことは滅多にありません。 お恥ずか […]
コメントなし
column22-image1

分散力

  スポーツをする時も、勉強する時も、子供の頃から私たちは常に「集中する」ことを求められてきました。   良くいわれる「ゾーンに入った状態」とは脳波において、α波が支配した状態。 逆に「意識が分散した […]
コメントなし
column21-image1

もうひとりの自分と対話する

  ヒトの一生は対話とコミュニケーションの連続と言えます。 ヒトが、まだ母親のお腹の中にいる時から、対話とコミュニケーションは始まっています。   お腹の中の赤ちゃんは、妊娠20週頃から耳が聞こえはじ […]
コメントなし
column20-image1

ぐっすり眠るヒトは美しい?!

  北欧スウェーデンの首都にあるカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)は、1810年設立の伝統ある国立医科大学です。 教育機関である一方、ストックホルムの公立病院、カロリンスカ病院も併設 […]
コメントなし
column19-image1

睡眠は貯金できない⁈

  私たち人間は生涯の30%を寝て過ごすと言われています。 一見無駄とも思える膨大な時間を睡眠に費やしていることになります。   約100年前に脳波の存在が発見され、睡眠状態か、覚醒状態かの違いも脳波 […]
コメントなし
column18-image1

イチロー選手に見るセルフ・リーダーシップ

【あの場面の振り返り】 伝説として語り継がれるであろう、2009年のWBC第2回大会の決勝、日韓戦。 あの試合9回裏、抑えのダルビッシュが、韓国打線に打たれ、3-3でゲームは振り出しに。 10回表。二死2塁3塁の場面で、 […]
コメントなし
column17-image

睡眠の質とメラトニン

  メラトニンは不眠や時差ボケ、ボケ防止に有効であるとアメリカで発表され、この効果が現地のマスコミで大々的に伝えられた為、メラトニンのサプリメントがヒット商品となりました。 日本では一般的なメラトニンの販売は認 […]
コメントなし
column16-image1

インサイド・アウトとアウトサイド・イン

  「インサイド・アウト」とは、個人からスタートし、それが人間関係、チームに影響を及ぼし、その結果、大きな組織に影響を与えるということです。 従来の「ピラミッド型組織」では、上意下達の指令系統が優先され、個人は […]
コメントなし
column15-image1

体内時計をコントロール

  快適な睡眠は、バランスの良い食生活、定期的かつ適度な運動とともに、健康な脳と身体の源です。 人間のカラダは、24時間のリズムで変化しています。 朝が来ると血圧と心拍数が上がり始め、夕方には体温が上がり、夜に […]
コメントなし

歴史的考察から見る組織と人材の変遷

  これから10年のうちに、起きるであろう、プレシンギュラリティの到来により、過去の人類が何千年もの間に経験したよりも多くの歴史的変革が起きることは、どうやら間違いなさそうです。 上表のとおり、2030年頃を境 […]
コメントなし
idea

ひらめき脳はセレンディピティに繋がる

  「良いアイデアを出したいのに、延々とアタマの中で堂々めぐりして、なかなか降りてこない。」 逆に、「何も考えず、ベランダのデッキチェアでボーッとしてたら、予期せぬアイデアがひらめいた。」   少なか […]
コメントなし
kaji

AI時代に負けない ビズアスリート 2

  さて、最後に残った「セルフ・リーダー型」についてです。   これまで、個人(上司)が組織やチームのような自己の外側にあるものを率い、導いていた「リーダーシップ」という概念を自分の内側で醸成し、つく […]
コメントなし
diary

「引き寄せが強くなる」日記のつけ方

ところであなたは毎日、日記をつけていますか?   『日記を書く時間がない』 『何だか面倒くさい』 『嫌なこともあると、それを改めて思い出したくない』 『一時、書き始めた事もあったが挫折した』   日記 […]
コメントなし
bizmatrix

AI時代に負けない ビズアスリート 1

  将来コンピュータが全人類の知性を超える時点のことを「シンギュラリティ」と言います。 アメリカの著名な発明家レイ・カーツワイルがこの概念を彼の著書『シンギュラリティは近い  ー  人類が生命を超越するとき』( […]
コメントなし
running

あなたに「ハイパフォーマンスを約束する歩き方」とは⁈

  京都観光でも名高い「日本の道100選」に選ばれた、東山のふもとで琵琶湖疏水べりの「哲学の道」。 かつて哲学者の西田幾多郎が散策、思索にふけった桜並木の小道です。   昨今ではウォーキングが、脳の記 […]
コメントなし
jananese

日本学のすすめ

  失われた20年で、日本の国際的プレゼンスは著しく低下しました。 しかしこの間、皮肉な事ですが、海外における「日本文化への関心度」は急上昇しました。   時に我々は、外国人からの日本映画、漫画、アニ […]
コメントなし
ocean

脳内コラボレーションの活用法

  海馬(かいば)という名前の脳内器官をご存じの方は多いと思います。   海馬はとても小さなタツノオトシゴのような形をしていますが、その役割はきわめて重要です。   一昔前の脳科学では「脳細 […]
コメントなし
updown

黄金の80年代、失われた90年代以降。

  1980年代から現在まで。     24年間続いた私のサラリーマン経験、その後の起業人生も踏まえ、テクノロジーの進化と、その時代に求められるビジネスパーソン像がどのように変わっていったか […]
コメントなし
health

アタマがだいじ。カラダもだいじ。

このコラムのタイトル 「アタマもだいじ。カラダもだいじ。」 は、以前、私の友人のコピーライター Y氏に会社のスローガンとして作ってもらったものです。   Y氏は、主に大手の医薬品、トイレタリー、自動車、食品メー […]
コメントなし
ヨガ

『 考えるな!身体で感じろ 。 』

若者1000人の面接を通じ、彼らの 『外の世界のモノ・コトに対する反応が鈍っていること』   彼らの中に、本来なら自然と育まれてもいい 『五感の弱さ』   これらが印象づけられたのは、彼らの成長過程の […]
コメントなし
野球

1000人の若者との面接で気がついたこと。 Ⅱ

若者1000人との面接で感じた私の違和感は、LEGO®️EDUCATION、キッズクリエィティブ・スクール等で直接子供達との触れ合いを通じて、原因らしきものが見えてきました。   当時はまだスマホ […]
コメントなし

1000人の若者との面接で気がついたこと。

社会に出て、広告会社で24年間のサラリーマン勤務を経てた後、私は自分の会社を立ち上げました。 当初始めた事業は、2003年からのブロック玩具LEGO®️のブランドストアの経営です。   それまで長 […]
コメントなし
コラム1

AI時代を生き抜く。 ビズアスリート入門

はじめに。 What’s  Biz Athlete ? (ビズアスリートって、なに?)   2018冬季オリンピック平昌大会。 日本中が羽生結弦、小平奈緒、日本選手達の大活躍に熱気で包まれる最中にこ […]
コメントなし

 

ページ上部へ戻る