ブログ

1000人の若者との面接で気がついたこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

社会に出て、広告会社で24年間のサラリーマン勤務を経てた後、私は自分の会社を立ち上げました。

当初始めた事業は、2003年からのブロック玩具LEGO®️のブランドストアの経営です。

 

それまで長らくLEGO社日本法人のマーケティングに関わってきたご縁があり、ごく自然にこの事業に参画することになりました。

 

LEGO®️のブランドストアは主にアウトレットモールの中のテナントとして展開しました。当初は従業員の雇用に際し、面接も私が直接全て立ち合っていました。

 

当時、(2003年〜2010年頃)新たな商業施設ジャンルとして、アウトレットモールが日本中様々なエリアでグランドオープン、異なる地域に住む1000人以上の若者たちと面接を通じて接することになりました。

 

若者たちとの面接を通じ、私自身が先ず感じたことはもったいない事に、『彼らの多くが、コミュニケーション能力不足である』ということ。

特に男子においては9割がた、その傾向にある事が驚きでした。

 

もう一つは、『外の世界のモノ、コトに対する反応が鈍っていること』

 

彼らの中に、本来なら自然と育まれる筈の五感の弱さが感じられました。

 

他のことは別としても、子供たち、若者たちの事となると、私にとっては他人事ではなくなります。

当時、我が家には二人、幼少期の男の子がいましたし、日本の将来を考えても、何とかしなければならない。

ついつい、我が身のスケールに有り余る課題を抱える事になってしまいました。

 

もともと私は子ども向け教育事業には、それなりの関心がありました。

 

2006年から「LEGO®️EDUCATION」(レゴブロックを使って子ども達の問題解決能力を育むアフタースクール)を事業として運営。

 

その後2012年、有志と一緒に「一般社団法人 ジュニア・プレゼン協会」(小学生からプレゼンテーションに親しみ、馴染ませすることを目的とした団体)の立ち上げに参加。

 

その後、子ども達の想像力、コミュニケーション能力を伸ばす目的の「キッズクリエィティブ・スクール」の立ち上げ。

このキッズクリエィティブ・スクールは、私が長年過ごした広告会社の業務をモチーフに、子ども達にクリエィティブワークを体験してもらうことで、五感を鍛え、コミュニケーション能力、問題解決能力を伸ばしてもらおうと、現職の広告クリエィターたちと一緒に試行錯誤しながら組み立てたカリキュラムでした。

 

(次回へ続く)

関連記事

ページ上部へ戻る