コラム

月と人体の神秘な関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
column80-image1

 

太陽は男性、月は女性と称されるように、特に女性の身体は月に支配されています。

体調が悪くて何となく落ち込んでいたら「新月」だったり・・・。

飲み過ぎてはしゃいでしまったら「満月」だったり・・・。

 

そんな時は「私の中の海が月に引っ張られて騒いでいる」と感じてみてください。

これだけで納得感ありです。

 

 

女性の月経周期と月の関係

女性の月経周期の平均が29.5日。これは月齢周期と同じです。

 

月は29.5日をかけて満ち欠けを繰り返しています。

地球の70%を占める海が月の引力の影響を受けているように、体内の70%が水分で出来ている人のカラダ。

そのカラダの中で潮の満ち引きが起きているようなものなのです。

 

生理(月経)のことを月のものと言い表しますよね。

更に古いことばとしては月事、月水とも呼ばれていたようです。

日本以外でもインドネシアでは月が来る、タイでは月のまわりと表現するそうです。

 

 

月のリズムに合わさる女性のカラダ

月経と月齢は同じ29.5日。

海は月の影響で波が起きて満ち引きが起こります。

女性のカラダが月に影響されるのは、血液=海ととらえるから。

同じくしてお肌のターンオーバーも29.5に近い28日周期なのです。

 

女性の身体が月と同じリズムを持ち、サイクルが似ているのは、やはり月の影響を受けているから。

月経周期に合わせて、お肌の状態や心のバランスも変化するので、月のリズムに合わせた過ごし方をすれば、自然界との調和が取れやすくなりココロもカラダも快適な状態を保つことができます。

 

新月の過ごし方

「新月」には浄化やデトックスの意味があります。

デトックス(DETOX)とは、毒素を分解し体外に排出すこと。

 

新月へと向かう時は「浄化」のタイミングです。

浄化とは身もココロもキレイにすること。

身の回りの掃除だけでなく、不安や悲しみ、怒り・嫉妬といったネガティブな感情を手放すのに最適です。

 

「新月」=浄化

積極的に行動をするより、「内なる自分を整える」時期です。

新月のとき落ち込むように感じる方がいますが、決して落ち込んでいるのではなく内に向かうエネルギーを感じているのです。

生命のリズムは新月のとき内に向かい、自分をととのえようとしているのです。

悲しむことなく、静かに自分を見つめ、これまでため込んだ感情を解放してみましょう。

 

 

満月は、行動のタイミング

満月へと向かう時は「行動」タイミングです。

このときは、立ち止まって考えるより、積極的に行動した方がよい結果が出ます。

大胆な決断も満月へと向かうタイミングが最適です。

 

思いきって、今までやったことのないことにチャレンジするのもよいでしょう。

例えば、今までなら敬遠していた人に話しかけて仲良くなってみたり・・・。

積極的な行動は、新たな能力を開花させるきっかけとなります。

 

そしてこの日は、新しいことを始めるのに最適な日になります。

新しいアイディアやダイエットや以前からしたかった習い事など、古い習慣や関係を断ち切って思い切って何かを始めてみましょう♪

 

月経でいうと生理が終わった頃からダイエットを始めると、痩せやすい時期から始められるということになります。

 

少し、スピリチュアルになりましたが

要するに、特に女性は月の満ち欠けにリズムを合わせるのが肝要だということです。

 

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る