コラム

女性に多い「めまい」…80%は自分でカンタンに治せます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
column63-image1

 

以前、「ためしてガッテン」でもとりあげられていた 「良性発作性頭位めまい症」。

何だか仰々しい症名ですが、その8割は心配いらずで、自分でカンタンに治せます。

 

目が回る、天井がグルグル回る、体が傾く、立っていられないなど、いわゆる「めまい」の症状が急に現れることがあります。

これは、耳の中の結石(耳石)がわずかに欠けて、三半規管に入ってしまった時に起こるものだそうで、めまいの症状の中では一番多いケースです。

 

耳には体の平衡を保っている水で満たされている三半規管があり、ひょんな事からそこに耳石と呼ばれる結石のかけらが入ってしまうと、体が動くことで石は泳ぎ、耳の水がいつもとは違う揺れ方をしてしまいます。

すると脳が自発的に(良かれと思って)すごく揺れているから対処すべしと勘違いすることから起こる「めまい」なのです。

 

この症状を治すのに特別なお薬は不要です。

必要なのは、頭を動かして三半規管に入った石を追い出す・ 砕く・体を慣らす ことです。

つまり、自ら積極的にめまいを起こすという運動が必要なのだそうです。

運動(動作)のやり方は耳石の入り方で人によって違うそうなので、気になる方は医師の療法を受けて実践しましょう。

 

1.まずは、仰向けに静かに寝て30秒。

2.左側に頭を向けて30秒。

3.再び、仰向けに寝て30秒。

4、今度は、右側に頭を向けて30秒。

 

これを毎朝3セットずつやってみましょう。

2~3日で症状は緩和されてきますから、さらに数日続けてみましょう。

 

三半規管に入り込んだ耳石のかけらが、これらの動きによって砕けて外へ出て消滅するのです。

・・・と、淡々とお伝えしましたが。

 

これ、初めてなった時はかなり動揺しますよね。

脳がどうにかなったのか? ストレスが溜まったのか? 心霊現象か?

などなど、いろいろ考えてしまいます。

 

TVでは

朝、目が覚めて、さあ起~きよう!と顔を起こしたとたん

『 ◎△$×¥●&%#?!?!?! 』。

起こした頭がバタンと枕に落ち何が起きた?という感じになると言っていましたが、まさにその通り。

 

何度起きようと思っても、グルグル目が回り起き上がれない。

もう、救急車呼ばないとだめかと思って、今度は心臓がドキドキしたりして。

 

でもこれを読んだ方はもう大丈夫。

朝に突然こんなことがあっても落ち着いて。

まずは頭を動かさずにそっと起きてみて、吐き気や嘔吐があれば別の病気を疑って医師の診察を受けてください。

場合によっては救急車を。

 

そうでなければ、「めまい」の80%といわれる「良性発作性頭位めまい症」。

前述の耳石を砕いて三半規管から追い出す動作を試してみてくださいね。

 

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る