コラム

デトックスのすすめ(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
column51-image1

 

「デトックス」とは「解毒、浄化」という意味で、より健康になるために、体の中にたまった毒素を便や尿に排出することをいいます。

人体には、本来、不要物を排出するシステムがありますが、それ以上に体の中に入ってくる毒素が多い現代人では、意識的なデトックスが必要となってきます。

例えば虫歯には水銀が詰められていること、さらに毛染め、化粧品、シャンプーのような皮膚などを介する毒(経皮毒)は、通常食事で口から摂る場合に比べて排泄機構が働かず、体内に90%も残るとも言われています。

現代社会で生活しているということは、地球環境の汚染、食品添加物、過度のストレスがいっぱい。

ストレスや睡眠不足、添加物が多い食事や、大気汚染、電磁波など、身の周りには、体に悪いものがあふれています。

そんな現代では、明確な安全基準が定められていない物質はできるだけ排除し、そして解毒していくことが必要不可欠なのです。

 

一方で、生活習慣病とは、食生活や運動、休養、喫煙、飲酒など長年の生活習慣病に起因する疾患です。

だから生活習慣病を予防・改善するには、生活習慣、特に食生活を見直すと同時に、既にこれまでの生活習慣により体内を汚染しているさまざまな毒素を取り除くことで、私たちの体に本来備わっている免疫力が強化され、自然治癒力が高められます。

 

身の周りには有害物質がいっぱい!

■食品添加物

日本人は年間に4kgも食品添加物を口にしていると言われています。

 

■農薬などと農作物

農薬/殺虫剤・除草剤そのものの有害物質があげられます。

市販の農作物には少なくとも30%の割合で農薬が残留しているようです。

 

■環境ホルモン

ダイオキシンやホルムアルデヒドの他、クッキングペーパーや紙コップにも有害物質が疑われています。

 

■大気汚染

自動車の排気ガス、酸性雨、光化学スモッグ、近年ではPM2.5が問題視されています。

 

■有害化学物質

シャンプーや化粧品、歯磨き粉に含まれる保存料、酸化防止剤、合成界面活性剤、またリンスに含まれるシリコンなどは肌や口腔粘膜から侵入し、体内に蓄積されます。

 

■発ガン性物質

水道水に含まれるトリハロメタン、有害塩素化合物、体内で発ガン性物質に変化する食品添加物もあります。

 

■紫外線

フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上のヒトや生物に有害な紫外線(UV-B)が増加します。

 

■有害電磁

スマホやパソコンから発する電磁波も血流障害を起こし人体に悪影響を及ぼします。

 

■有害重金属類

土地の汚染、魚など食物連鎖による汚染で、脳や体内に蓄積されており、虫歯への詰めもの(アマルガム)、予防接種に含まれる水銀、ヒ素、アルミニウムなど、ほとんどの人の体内に蓄積されている重金属に、許容限度はなく微量たりとも人体には有害です。

 

■遺伝子組み換え食品

人工的に「種の壁」を超えた処理のため、未知のアレルギーや予期せぬ毒性の発生が懸念されます。

 

■ストレス

ストレスは腸内細菌のバランスを崩し。体内に有害物や老廃物が蓄積するきっかけとなるのです。

 

 

体内に毒素がたまると

身の周りにある毒を体に取り入れ、それが排泄してでていくよりも多くなると、どんどん体の中に老廃物がたまっていきます。

排泄するまでにかかる時間が6年といわれている毒素もあります。

 

この溜まる一方の有害物質(毒素)をいかに取り除くことで、身体の不調を調整していくか?

次回に続きをお話ししましょう。

 

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る