カラダ

  1. column24-image1

    セルフブランディングの時代が来た!

    AI(人工知能)の進歩により、私たち人間が普段こなしている定型的業務だけでなく、高度なスキルを必要とする業務も代替されてしまうと言われています。

    続きを読む
  2. column23-image1

    記憶力の良い人・悪い人

    恐縮ですが、個人的な話から始めます。私がランチをとるのは平日も週末も、殆ど外食です。毎日できるだけバリエーションを求めていますので、同じ店やメニューが続くことは滅多にありません。

    続きを読む
  3. column22-image1

    分散力

    スポーツをする時も、勉強する時も、子供の頃から私たちは常に「集中する」ことを求められてきました。良くいわれる「ゾーンに入った状態」とは脳波において、α波が支配した状態。逆に「意識が分散した状態」とはβ波が優勢な状態と言われています。

    続きを読む
  4. column21-image1

    もうひとりの自分と対話する

    ヒトの一生は対話とコミュニケーションの連続と言えます。ヒトが、まだ母親のお腹の中にいる時から、対話とコミュニケーションは始まっています。

    続きを読む
  5. column20-image1

    ぐっすり眠るヒトは美しい?!

    北欧スウェーデンの首都にあるカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)は、1810年設立の伝統ある国立医科大学です。教育機関である一方、ストックホルムの公立病院、カロリンスカ病院も併設され、連携しています。

    続きを読む
  6. column19-image1

    睡眠は貯金できない⁈

    私たち人間は生涯の30%を寝て過ごすと言われています。一見無駄とも思える膨大な時間を睡眠に費やしていることになります。約100年前に脳波の存在が発見され、睡眠状態か、覚醒状態かの違いも脳波に反映される事も分かるようになりました。

    続きを読む
  7. column17-image

    睡眠の質とメラトニン

    メラトニンは不眠や時差ボケ、ボケ防止に有効であるとアメリカで発表され、この効果が現地のマスコミで大々的に伝えられた為、メラトニンのサプリメントがヒット商品となりました。

    続きを読む
  8. idea

    ひらめき脳はセレンディピティに繋がる

    「良いアイデアを出したいのに、延々とアタマの中で堂々めぐりして、なかなか降りてこない。」逆に、「何も考えず、ベランダのデッキチェアでボーッとしてたら、予期せぬアイデアがひらめいた。

    続きを読む
  9. running

    あなたに「ハイパフォーマンスを約束する歩き方」とは⁈

    京都観光でも名高い「日本の道100選」に選ばれた、東山のふもとで琵琶湖疏水べりの「哲学の道」。かつて哲学者の西田幾多郎が散策、思索にふけった桜並木の小道です。昨今ではウォーキングが、脳の記憶力や思考力を改善することが、脳に関する様々な研究により実証されてます。

    続きを読む
  10. ocean

    脳内コラボレーションの活用法

    海馬(かいば)という名前の脳内器官をご存じの方は多いと思います。海馬はとても小さなタツノオトシゴのような形をしていますが、その役割はきわめて重要です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る